いろいろな人物について勉強をしていました

人物などについて勉強をしました。ドルトン(1766〜1844年)原子説を提唱しました。すべては、原子でできていると考えました。古代ギリシャ語で、「これ以上分けられない」という意味の「atmos」を流用して、原子を「atom」と名づけました。このころ、マグネシア(酸化マグネシウム)やライム(酸化カルシウム)は、原子と考えられていました。また、物質をつくる原子についての考えが十分でなく、水の分子式が混乱していて、HOなどが使われていました。単体も化合物もすべて原子からできています。原子は種類によって性質も質量もちがい、分けることができません。物質の変化は、原子の組み合わせが変わるだけです。ベルセリウス(1779〜1848年)という人は、ドルトンの図形は複雑なので、原子を記号で表そうと考えました。ベルセリウスは、原子の頭文字を記号として使用しました(1813年)。知らないことを知れて良かったです。マカサプリ