今朝発生した北海道胆振東部地震で被害を受けられた皆様の健康と一日も早いライフラインの復旧を祈ります

今朝3時過ぎに目が覚めました。何気なしにテレビのスイッチを入れたところ、北海道で震度6強(後で震度7と訂正された)の地震が発生したことが報道されていました。地震の発生時間は午前3時08分と言うことなので、私がテレビのスイッチを入れる直前の出来事だったのでしょう。発生間もないと言うことで詳しい状況はまだ分からないようでした。放送を見ている内に次第にこの地震による被害が明らかになって来ました。家屋の倒壊や山の地崩れそれと道路の陥没と、想像を絶したような光景がテレビの画面に映し出されてきました。さらに地震の揺れで発生した液状化現象により、傾いた家屋や地面に埋もれてしまった自動車等、目を覆いたくなるような光景が広がっていました。さらに悪いことには発電所における電力の供給停止と水道の供給も停止となり、停電と断水で生活に必要なライフラインが確保できなくなってしまったことです。私も今年の7月の西日本豪雨により10日間の断水生活を経験しましたが、このつらさはとても大変で苦痛でもありました。たぶんこれからもこの経験は一生忘れることが出来ないでしょう。断水だけでもこれだけ苦労したのですから、さらに停電が重なってしまったことを考えると、被害を受けられた地域の皆様の苦労は計り知れないものと思われます。どうかこのライフラインが一日も早く回復し日常の生活に支障が無くなることを心より祈らずにはいられません。遠く離れた地から被害を受けられた皆様を応援したいと思います。
借金 相談 新宿